2024.02.20

札幌のアイヌ関係博物館見学と打ち合わせ

本事業の徳楽,上井,山田がメンバーになっている室蘭工業大学ウィズ・ミュージアム タスクフォースメンバーで,アイヌ文化を知り,またミュージアム(博物館・美術館)の展示事業について知り,今後のコラボの可能性を探るための研修を実施しました.

2024.02.05

論文発表:アミロイドβはアクチン細胞骨格を破壊することにより脳微小血管内皮細胞の創傷治癒を妨げる

徳楽研究室では2020年より地元の大川原脳神経外科病院からの受託研究員を受け入れ、共同研究を進めてきました。

2024.02.01

イベント開催予告【3月4日】

室蘭工業大学は、北海道の先住民であるアイヌの知恵と人文学・社会科学・科学技術の異分野連携による《総合知》の要となり、技術革新と新たな価値を社会に 生み出すことを目指します。本ワークショップではその第一歩として、北海道の先住民であるアイヌの歴史・現状の理解促進を趣旨とします。

2024.01.23

産総研北海道センターシンポジウムin札幌で発表

産総研北海道センターシンポジウムin札幌で我々の拠点の技術紹介をしました。

2024.01.17

白糠高校生研究発表報告(2023年11月26日に実施)

令和5年11月26日に白糠高校で,毎年恒例の白糠ふるさと教育発表会が行われました.

2024.01.12

白糠アイヌ協会,白糠アイヌ文化保存会 会長との面談

1月12日(金)に,白糠アイヌ協会 天内 重樹会長,白糠アイヌ文化保存会 磯部 恵津子会長と面談しました.

2024.01.12

白糠町役場での打ち合わせ

白糠町を訪問し、相澤経済部長他、経済課の方々と来年度の新農業ビジョン推進協議会事業に関する打ち合わせを行なった。

2023.12.22

三工大(室蘭工業大学、東京工業大学、九州工業大学)連携シンポジウムでアシルトイタ拠点を紹介しました

三工大連携の調印式後、シンポジウムが開催されました。

2023.12.21

国立アイヌ民族博物館研究員,学芸員への事業説明

12月19日および21日,国立アイヌ民族博物館の研究員と学芸員の皆様を対象に,包括連携の説明会を開催しました.

2023.12.20

「地域×知×共創」チャレンジフィールドシンポジウムにてアシルトイタ拠点を紹介しました

ANAクラウンプラザホテル札幌で、チャレンジフィールド北海道主催のシンポジウムが開催されました。

2023.12.07

国立アイヌ民族博物館との打ち合わせ

本学と国立アイヌ民族博物館の包括連携を推進する本学のWith Museum Task Force (WMTF)のメンバー6名で博物館を訪問し,室蘭工業大学の今後の連携活動について話し合いました.

2023.12.01

東京工業大学渡辺理事、大島副学長と産学官連携に関する意見交換

産学官連携に関する打ち合わせのため、東京工業大学から渡辺理事と大島副学長がお越しになりました。

2023.12.01

動画を公開しました『白糠の食物語を語る』

CHEF-1グランプリ初代王者 下國シェフ、NHK プロフェッショナル 仕事の流儀でも紹介された羊飼い 酒井氏、 地元の北海道白糠高等学校の学生を交えて、白糠の食の魅力、人のつながりの大切さについて熱く楽しく語りました。

2023.11.23

論文発表:神経突起形態の新しい定量的評価法を開発

神経組織が機能するためには、神経細胞間のネットワークが重要です。

2023.11.16

学会発表:第61回日本生物物理学会年会(名古屋国際会議場)

第61回日本生物物理学会年会でアミロイドイメージングに関する発表を行いました。

2023.11.15

国際学会発表: Neuroscience 2023 (Washington Convention Center, in Washington, D.C.)

神経科学の分野では世界最大の国際学会SfNで博士後期課程のGegentuyaさんが発表しました。

2023.11.06

白糠高校全校生徒アンケートに関する分析を校長と

2023年7月18日に全白糠高校生に対して実施したアンケート結果の分析に関して同校の佐野校長と打ち合わせました。

2023.11.06

白糠町農業従事者との打ち合わせ

白糠町での今年の栽培試験が終了しました.11月4日と6日に現地を訪問し,農業従事者の方々と直接お会いして今年の栽培の反省点,今後の圃場整備と来年度の栽培計画について話し合いをしました.

2023.11.06

拠点間連携(長岡技科大、琉球大学、室蘭工業大学)

”コメどころ”新潟地域共創による資源完全循環型バイオコミュニティ拠点シンポジウム2023に招待いただきました。